伊豆大島へ行こう

伊豆大島へ行こう

大人も子どもも日常では「しなければならない」を抱えながら生活しています。このプロジェクトでは、「しなければならない」という重い荷物をおろして、伊豆大島で3泊4日を思いっきり遊び尽くします。

伊豆大島へ行こう

最低限の予定を組んで、あとは子どもたちが思い思いに過ごすことで、自ずと役割分担ができたり、遊びが生まれてきます。普段の生活とは違う伊豆大島の自然の中で、一人一人の心に殻を破る体験をするプロジェクトです。

「伊豆大島へ行こう」全解説!

2015年から続く夏の一代プロジェクト!
毎年、総勢100人以上で伊豆大島へ

年々増加中です

2015年から続く「伊豆大島へ行こう!」プロジェクトは、陵光ゼミナールの生徒と講師だけではなく、陵光の卒業生である高校生や大学生、外部の方たちも参加。年々参加者が増え、その数毎回100名以上!夏の伊豆大島を全力で楽しむプロジェクトです。
※今後は外部参加の「伊豆大島へ行こう」を企画する予定です。

とっても近い伊豆大島

島の大自然が、「学びの原体験」を作ります。島から帰ると、学びが深くなる。将来の自分に影響がでる。人生のキラキラ経験値が上がる!
伊豆大島は東京から海に囲まれた「学び」アイランドです。

伊豆大島の自然の中で、自分で考えて行動する
自然の中での遊び体験によって学びの原体験を積み重ねる

大型客船で一路、伊豆大島へ!

これから始まる冒険に心をときめかせて、子どもたちは乗船!出航すると東京湾を南下。次第に街の明かりがなくなってきます。伊豆大島への到着までつかの間の睡眠をとる子、興奮して寝られない子、さまざまに過ごします。

大型客船で一路、伊豆大島へ!

新しい発見がつきない伊豆大島の海

伊豆大島への到着は朝5時。朝ご飯を食べ終わった子から朝焼けの海へダイブ!
滞在中は、防波堤から小物を釣ったり、釣り船に乗って大物狙いも。シュノーケリング体験やスキューバダイビングで潜って海中散策もします。4mもの岩場のジャンプ台からダイブも最高!世界からダイバーが集まるほど魅力的な海は、子どもたちにいろんな体験をさせてくれます。

新しい発見がつきない伊豆大島の海

力の限界まで遊び尽くす

子どもたちは自分の体力に合わせて遊びます。サイクリングは、緩い5kmコースと島1周50kmコース。5kmコースでは、海風を浴びながら絶景ロードを走リます。50kmコースでは、1時間の登り坂が彼らの目の前に立ちはだかります。登り切った後の下り坂は、言葉では言い表せないほどの爽快さ。完走した者だけにしか分からない充実感は一生の思い出です。

力の限界まで遊び尽くす

自然の中で創作「アート」プログラム

島在住のアーティストと一緒に、伊豆大島名物の椿を使った小物作りや、公園の木陰で絵を描いて「しおり」作り。伊豆大島の大自然の中で、子どもたちの創作意欲がどんどん刺激されていきます。静かで豊かな時間が流れる素敵なプログラムです。

「遊び」で創作体験を蓄える

自由時間こそ最高の時間。昼寝をする子もいれば、どこかに出かける子、遊んでいる子、それぞれ思い思いに時間を過ごします。こういう時間が一番楽しい!大人には考えもつかないような遊びを思いつくのは、まさにこの時間!子どもは遊びを創作する天才です。

自分で考えて行動できる子になる
子どもたちがキラキラした笑顔で過ごす3泊4日

滞在中の様子はこちらでご覧いただけます。

\ 伊豆大島へ行こう!プロジェクトただいま進行中をのぞき見 /