八丈島は「学びのアイランド!」

八丈島は「学びアイランド!」

飛行機で最短55分のフライトで到着する、
海あり山ありの魅力的な島、八丈島。

飛行機で最短55分のフライトで到着する、海あり山ありの魅力的な島、八丈島

八丈島を「学びのキャンパス」にして、八丈島の牧場での「農林水産」
の職業体験を通じて「私たちと地球の繋がり」を学びます。

羽田空港から飛行機で最短55分。
かつて八丈島は酪農王国と呼ばれた時代がありました。

時代が変わり一度は廃れてしまった島の酪農を新しい形で復活させるために「ゆーゆー牧場」では、放牧スタイルのジャージー牛を育てています。本物プロジェクトの子どもたちは、このゆーゆー牧場でさまざまな農業体験をします。

ゆーゆー牧場>>

八丈島の地図

八丈島の「ゆーゆー牧場」で職業体験をする

自然を感じる牛乳をつくる牧場

島唯一の酪農家『ゆーゆー牧場』に牛舎はありません。牛たちは島で育つマグサ(八丈ススキ)を食べて、雨が降ったら森の中で過ごし、出産も思い思いの場所でおこないます。たくましくのびのびと暮らす牛たちから搾る牛乳は、自然の豊かな味わいを感じることができるのです。牛の食べるマグサを植える飼料づくりから、酪農、乳製品の生成まで一貫して島でおこなっている牧場です。

自然を感じる牛乳をつくる牧場

こだわりの離島酪農を実現

八丈島はかつては「酪農王国」と言われるほど酪農が盛んでした。しかし、産業構造の変化の中で次第に衰退し、現在の八丈島の酪農経営は、ゆーゆー牧場だけになっています。2012年より山地酪農・放牧酪農の実現のためジャージー牛を育て始め、ゴルフ場を開拓しながら牧場を拡大。牛たくましくのびのびと育て、良質の牛乳を搾る「自然放牧」にこだわった、新しいスタイルの離島酪農を作り上げています。

こだわりの離島酪農を実現

生産者の想いを知る

ゆーゆー牧場では、生産者の人たちが、消費者が「美味しい!」と言ってくれることを想像しながら、日々仕事をしています。牛が産まれてから、育て、搾乳・屠殺し、製品が消費者に届くまでが酪農・畜産で、その過程で消費者に美味しいものを届けるために、途方もない気持ちと努力が費やされています。

生産者の想いを知る

感謝を実感できる子を育てる

私たちはこの環境に身を置き職業体験することで、1本の牛乳がどのような想いと労力で作られたかを知ります。そうすることで、その1本の牛乳を「心から美味しい」と感謝しながら飲むことができるようになるのです。

自分の身のまわりのモノに「ありがとう」と思える気持ちは、「農林水産」を学ぶことで養われる。この軸(経験・感覚)を持って、様々な社会問題に意見を持ちたい。そのような子を育てます。

感謝を実感できる子を育てる

海あり山ありの八丈島で
「農林水産を学んで地球のつながりを理解する」

牛が産まれてから製品が届くまで途方もない気持ちと努力

ゆーゆー牧場では、生産者の人たちが、消費者が「美味しい!」と言ってくれることを想像しながら、日々仕事をしています。牛が産まれてから、育て、搾乳・屠殺し、製品が消費者に届くまでが酪農・畜産で、その過程で消費者に美味しいものを届けるために、途方もない気持ちと努力が費やされています。

職業体験から環境問題を学び「地球とのつながり」を知る

このような環境の中で職業体験をすることで、環境問題を学び「地球を守りたいという心」から、生活の中で「モノを大切にする」という感覚。私たちがどこか人ごとになってしまい、自分ごとにできない(オーナーシップを持てない)のは、農林水産の経験がないから。

「私たちと地球の繋がり」を理解する上で、私たちからズッポリ抜けてしまっている経験は、「農林水産」の経験である。

7年前から通い続けている八丈島。飛行機で実質40分のフライトで到着する、海あり山ありの魅力的な島を「本物プロジェクト」のキャンパスにしたい。テーマは、「農林水産を学ぶ島」。そんなことをずっと考えていました。今回、魚谷さんと出会い、陵光の生徒と「ゆーゆー牧場」へ行くこと、そしてここ最近の経験が全て重なって、子どもたちと共有したい感覚・経験が見えてきました。
「私たちと地球の繋がり」を理解する上で、私たちからズッポリ抜けてしまっている経験は、「農林水産」の経験である。

\ 八丈島プロジェクトただいま進行中をのぞき見 /