本物プロジェクトって何?

子どもたちに「本物体験を!」
本物プロジェクトって何?

\ 子どもたちに「本物体験を!」 /

本物プロジェクトは「本物」と「子どもたち」を結びつけ、子どもたちが殻を破って成長する機会を創り続けています。

「本物体験」をした時、その衝撃から心の中で起こる波が「感動」です。大人の心は経験豊富な大海。その大人でさえ「本物体験」から受ける感動はとてつもない。

それに比べ、子どもの心は経験が浅いため、大人の大海に比べれば「水たまり」のようなもの。この水たまりに「本物体験」が起こす衝撃はどのようなものでしょう。その衝撃は感動であり、その感動量は推し量ることができません。

「本物体験」をする3つの意味

1.「本物体験」が子どもたちの将来の選択肢を広げます。

将来の自分自身は、生きていく中で積み上げた経験からでしか決まりません。親の姿を近くで見て親と同じ仕事に興味を持ったり、自分の得意なことを仕事にしたくなったり。自分を取り巻く環境やそこまでに得た経験から、将来の仕事を選んでいきます。
この子どもたちの環境や経験に「本物体験」を加えて欲しい。「本物体験」は、子どもたちの経験に新たな色味を加え、子どもたちは、その豊かになった経験をもとに、将来の選択の幅を広げていきます。

「本物体験」が子どもたちの将来の選択肢を広げます

2.「本物体験」が学びの原体験を作る

「五感を通じた学び」を「学びの原体験」と呼んでいます。子どもたちは多くの知識を、先生から、本から、インターネットから学びます。その知識が、本物を五感で感じる「本物体験(学びの原体験)」と結びついた時に、「腹に落ちる」と考えています。
例えば、本物プロジェクトでは、環境活動家による「環境問題」についての座学が行われます。授業を受けた時には「自然が大切」と頭で理解することができても、それが本当の意味で腹落ちしているかどうかは、人それぞれです。
「自然が大切」が腹落ちするには、そもそも自然を愛していなければならず、自然を愛するからこそ、「自然が大切」と思える。
この場合、「自然が大切」という考え方を腹落ちさせるには「自然の中で思い切り遊び、自然が大好きになる」という本物体験(原体験)が必要になります。

「本物体験」が学びの原体験を作る

3.「本物体験」で子どもたちの目はキラキラ輝きます。

大人が見たいのは、単純に子どもがキラキラした姿ではないでしょうか。「本物体験」を通じてキラキラした目をしている子どもたちを、ぜひ見てください。

「本物体験」で子どもたちの目はキラキラ輝きます。

「本物の人(ほんものびと)」×「本物のフィールド」

本物プロジェクトでは「本物人(ほんものびと)」と「本物フィールド」を掛け合わせることで、無限にプロジェクトを創り上げます。
本物人とは、「一生懸命、社会の中で生きている大人(または子ども)」です。こどもホスピスの理事長・科学コミュニケーター・島の人々など、多くの方々が本物人として子どもたちに語りかけてくれます。
本物フィールドとは、「本物体験をする舞台」です。伊豆大島・八丈島・カンボジア・カナダのバンクーバーなど様々な舞台が本物体験のフィールドとして活用されています。

「本物の人(ほんものびと)」×「本物のフィールド」

\ いろんなプロジェクトが進行中 /

伊豆大島へ行こう!
このプロジェクトでは、子どもたちは制限をできる限りはずして、伊豆大島の大自然の中で3泊4日を思いっきり遊び尽くします。
本物プロジェクトの座学
それぞれの分野のスペシャリストの講師が「よく見る→疑問を持つ→行動する→答えを見つける」の流れで授業を構成。導き出した成果を「シェア」します。
「いのち」について考える
重い病気を持つ子どもたちとご家族が豊かな時間を過ごせるように支え続ける「横浜こどもホスピス」代表理事をお招きして「いのち」について深く考えます。
八丈島で職業体験
八丈島を「学びのキャンパス」にして、八丈島の牧場での「農林水産」の職業体験を通じて「私たちと地球の繋がり」を学びます。